投資

Potoclub-invest 資産形成期

HSBCで香港米国の株運用!ベトナムにも飛び込み30代にして半経済的自由を手にしたいブログ

2020年11月 資産状況記録 HSBC株やイーサリアムの上昇などなど

 

f:id:Potoclub-invest:20201130231715p:plain

みなさんこんにちは。今日で、今月も終わりですね。

月曜が月末で、この記事を書くのもちょっとしんどい(明日の仕事を思うと・・)ですが、頑張って書こうと思います。

 

 

 

さてさて、今月(11月)は10月の株価調整時期を乗り越え、上昇傾向にありましたね。

私も、お気に入りのブログを何件か見させてもらいましたが、やはりみなさん同じようでした。こんな時は、ブログも明るい記事が多いですよね☆

 

 

 

では、11月の資産状況です。

 

f:id:Potoclub-invest:20201130224422p:plain

緑が実際値  灰色が予測値

棒グラフが多いのでちょっと見にくいですが、

 

 

2020年11月の実際値(緑色)は1,575万円となりました。

 

この値は、予測値よりも250万円以上突き離す結果となり、先月から、120万円の上昇となりました。

 

 

どうしてそうなったのか。

・持株の上昇

・配当

・仮想通貨(イーサリアム)の上昇

・FXでの儲け

・得意技の節約★

 

4要素+αが重なった結果ですね。

 

 

 

世界中の金余り、低金利、リスクオフなどが様々な金融商品を押し上げました。

 

 

 

 

 

 

 

私個人の持ち銘柄では、特に2銘柄の活躍が顕著でした。

 

HSBC香港[00005]

f:id:Potoclub-invest:20201130230302j:plain

HSBC HK 2020.11

 

 

 

 

 

・ホアファット鉄鋼[HPG]

f:id:Potoclub-invest:20201130230944j:plain

Hoa Phat Group 2020.11

月末に調整が入った感じがありますが、それ以上に、11月の伸びは大きかったです。

 

 

 

 

しかし!!

 

 

ここで、気を緩めるわけにはいきません。

 

 

 

 

楽観で売って、悲観で買え!

 

というのが、私のモットーですので!

 

 

 

12月の年末商戦で、ある程度、株価の上昇は見込めると思うので、その流れに乗りつつ、どこかで、ポートフォリオの見直し

 

=リバランス

 

 

を行いたいと思っています。

 

 

 

 

 

今、株が、世界的に上昇しているので、そんな時こそ、債券にもう一度目を向けようと思います。

 

 

 

 

株の上昇、資産の増加に満足しつつも、常に次を見据えていきたいですね。

 

 

では、また。

 

 

HSBC配当停止から1年 香港株 ベトナム株配当を振り返る

f:id:Potoclub-invest:20201129125038p:plain

HSBC配当ストップ

みなさんこんにちは。投資部会長のロキです。

みなさんはどんな2020年だったでしょうか。

私の個別銘柄たちは、2020年の配当を終えたようなので、今回、配当を振り返ってみようと思いました。

 

思えば、コロナショックでHSBCの配当が停止して早一年。。。あのショッキングな出来事とそれによる株価暴落で始まった、苦しい含み損生活でした。。。

 

しかし、その他の個別銘柄の値上がりに助けられ、なんとか含み損を解消。

 

あとは、HSBC含めた、香港銘柄の上昇を待ちつつ、買い増していきたい今日この頃です。

 

 

 

 

では、今回は、香港株3銘柄、ベトナム10銘柄をまとめた配当を振り返ります。

※金額は換算してあります。また、千円以下は切り捨ててあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、2020年11月末の株価で配当を割った場合です。つまり、現在の配当率です。

f:id:Potoclub-invest:20201129123703p:plain

ベトナム株 香港株 配当率 

いかがでしょう。HSBCの配当がストップしたせいで、香港株の配当率は雀の涙状態です。

本当なら、6%くらいを目指していたのですが、、、。まぁ、今後に期待ですね。

 

そして、ベトナム12%超えを達成しました。1社、配当についてうんともすんとも言わないところがあるので、そこが、もし年末までに出した場合、13%に乗せられるかもしれません。

年間33万円以上の配当があるというのはたまらないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、購入した価格で配当を割った場合です。つまり、私の実際の利率になります。

f:id:Potoclub-invest:20201129123519p:plain

ベトナム株 香港株 配当率

香港は、値下がりを続けているので、現在の方が配当率がいいですが、

 

見てください!!ベトナム!!!

 

値上がりする前に買った株たちのおかげで、配当率は、ほぼ18%です。

これには、株配当も含めていますので、実際に現金を受け取ったわけではありませんが、驚異の18%!!

これからも、この配当を使って買い増し、複利で回していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん!

Appleが目をつけたベトナムで投資はいかがでしょうか。

 

配当が魅力的!

国が魅力的!

 

そんなベトナム投資を今後も続けていきます。

 

では、また。

ベトナム Apple工場移転でポスト中国の流れ Ipad Macbook

f:id:Potoclub-invest:20201128171942p:plain

みなさんこんにちは。投資部会長のロキです。

 

みなさんは、Apple製品をお持ちでしょうか。

私は、この記事もMacbookで執筆しています。Apple大好き人間です!!

 

 

 

そんなApple製品ですが、これまで、中国の工場で数多く作られて来ました。

しかし、米中貿易摩擦米中関係によって、サプライチェーンの問題が出て来ましたよね〜。

 

Appleもその影響は受けており、中国で自社製品を作ることのメリットよりも、デメリットの方が大きくなって来ました。

 

つまり、中国工場での製造はリスクとなってきたわけです。

 

 

 

 

そして、今回、Appleが選んだのが、

 

ベトナム

 

です。

 

 

 

 

 

これまで、中国のみだったのに、新しくベトナムが加わり、Apple製品を安心して製造できるようにシフトチェンジして来たのです。

Appleの選択によって、ポスト中国の動きが激化するのではと思っています。

 

 

 

 

鴻海(ホンハイ)と呼ばれる台湾の企業が、ベトナムの組み立て工場へ投資を行いました。

これから、ベトナムは中国に変わって、世界の工場へとなりうるのでしょうか・・?

 

 

 

 

もしそうなった場合、ベトナムの発展は目まぐるしいものになることでしょう。

みなさんも、今のうちにベトナム株を買っておきましょう!!

では、また。