投資

Potoinvest 資産形成期

HSBCで香港米国の株運用!ベトナムにも飛び込み30代にして半経済的自由を手にしたいブログ

ベトナム株 コロナを乗り越え、含み益へ

f:id:Potoclub-invest:20200420223917p:plain

みなさんこんにちは。コロナの株への影響は絶大でしたが、ついにその嵐も過ぎ去り、ベトナム株では、含み益(日本円で約11000円ほど)へと転じました。

 

2月半ばからの世界株安に見舞われ、一時は大変な思いをしましたが、なんとか含み益まで持ち直すことができました。

 

そのポイントをおさらいします。

 

 

 

①現金化

今回のコロナショックのように、株価が落ち始めてからでも、対応ができた場合、現金化という手段がとても有効でした。

 

例えば、1日で底値をつけられるような下落は、なかなか察知できず、痛い思いをしますが、今回のように、中国から始まり、全世界へ蔓延する中で、株価の更なる下落は目に見えていました。

 

このような時は、迷わず現金化が有効ですね。

含み損を抱える前に、チャンスを伺うための準備をすることがとても役立ちます。

 

 

②底値を狙って「悲観で買う」

まずは、底値だと思う根拠を明らかにし、狙っていくことです。

 

今回のコロナショックは35%というのがターニングポイントでした。

アメリカ、日本と35%の下落で底をつき、上昇に転じました。

 

それをベトナム株にも適用するという方法です。

 

私は、25%下落で買ってしまい、最底値では買えませんでしたが、もうひとつのポイントである、

 

「悲観で買う」

 

ということを信念にもち、買いました。つまり、下落が続く中でも気持ちを強く持ち、怖くても買うということです。

 

確かに最底値ではありませんでしたが、現金化した部分を悲観で買い入れることで、今回の結果が生まれました。

 

 

 

ベトナムは配当株が多いので、たくさんは現金化しませんでした。しかし、辛い状況でもしっかりと買いを入れることで、復帰も早くなりました。

 

今回、株を取引する上で、利益もそうですが、経験値が増えたように感じます。

私のように、まだまだ株を始めて日が浅い投資家たちと、このような経験を共有できたらと思います。

 

では、また。