投資

Potoinvest 資産形成期

HSBCで香港米国の株運用!ベトナムにも飛び込み30代にして半経済的自由を手にしたいブログ

ファストリー クラウド/IT関連 今後の展望

f:id:Potoclub-invest:20200709235644p:plain

みなさんこんにちは。投資部会長のロキです。

 

最近急上昇の米国株 クラウド/IT関連についてお話していきます!!

 

以前の記事で、ファストリーの上昇についてお知らせしましたが、その他、注目していた銘柄についても紹介していきたいと思います。

 

ファストリーだけでなく、クラウド関連、IT関連は、今もなお注目銘柄であるのは間違いありません。

まずは、表をご覧ください。

 

f:id:Potoclub-invest:20200712181144p:plain

ファストリー&クラウド銘柄

これらは、以前、ウーバー[UBER]とファストリー[FSLY]の購入検討時に、調べた銘柄です。

全てが、クラウド関連ではありませんが、IT関連株です。株価の上昇は、さすが米国株という感じで、どれも急上昇を遂げています。

参考にしてください。

 

 

 

 

実は今回、お伝えしたいことは、ファストリーを追加購入するのか、利確するのか?ということです。

ファストリーは、90〜100ドルの間です。株価は、7倍近く上昇し、他の追随を許しません。ここまで行ったら、流石に利確か!!と私も考えました。

 

しかし、その他のクラウド、IT関連株を見てみると、そのほとんどが、100ドル以上なのです!!私が調べた銘柄だけでも、6社!

 

つまり、IT関連株は、注目され、企業が業績を伸ばせば、高値を付けていくということです。

 

さらに、業績も見てみましょう。(四半期)

決算:2019/11月、2020/2月、2020/6月と、コロナ以前から予想を上回る結果を残しています。さらに、2020/8月の予想は、マイナスだった1株当たり利益がついにほぼ0まできます。

 

会計報告:総収入、売上総利益共に上昇中です。

 

貸借対照表:借金の割合20%を維持し、とても良好です。

 

 

 

世の中は、コロナが終わっても、オンラインやクラウド在宅ワークなどが残っていきます。この先の世界は、ITがやはり欠かせません。IOTや5G、自動運転。。。

ファストリーは必ずや、200、300ドルの銘柄になっていくでしょう。そう信じていきます。

 

では、また。