投資

Potoclub-invest 資産形成期

HSBCで香港米国の株運用!ベトナムにも飛び込み30代にして半経済的自由を手にしたいブログ

HSBC香港 株価暴落 コロナと無配当による痛手

f:id:Potoclub-invest:20200921221348j:plainみなさんこんにちは。投資部会長のロキです。

そして、悲しいお知らせがあります。

久々の香港株式の記事が、HSBCの悲しいお知らせで大変遺憾です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、チャートをご覧ください。

f:id:Potoclub-invest:20200921221540j:plain

 

1994年以来の安値をつけました。

リーマンショック時の下落を超えました。

私が購入した60HKDから50%下落しました。

 

 

 

 

まぁ、3つ目はいいとしても、ここまで下がってしまうとは。。。

本当に心外です。

 

1994年では、株取引の絶対数が違いますから、比べることはできません。ここまで流通量がある現在で、ここまで下げてしまうとは悲しい限りです。

 

配当株として購入しているので、値下がりはまぁいいとは思いますが、それにしてもです。。

 

 

 

私の投資の原点である以上、ここで見捨てるわけには行きません。

むしろ、ここまで下げてくると、倒産の怖さよりも、今後の値上がりの期待に胸が躍ります。

 

 

今は、不動産購入による資金調達で株購入の資金がありません。

ですので、すぐには買えませんが、今後、資金が調達でき次第購入していきたいですね。

 

 

 

非常に悲しいブログ記事でしたが、やはり記録せずにはいられません。

受け止めつつ、突き進むのみです!!!!

 

 

では、また。

ベトナムインデックス 上昇中 52週最高値をつける企業も続出

f:id:Potoclub-invest:20200919131517p:plain

ベトナム株 セクター

みなさんこんにちは。投資部会長のロキです。コロナ後、続伸していたベトナム株式ですが、ここ1、2ヶ月は軟調な動きでした。

あげたかと思うと、すぐに下げ、アメリカ株のように上へ突き抜ける様子がなかったのです。ムズムズにながら毎日眺めていました。

 

 

 

しかし、ここ半月は続伸を続け、ついにVNindexが900を超えました。

f:id:Potoclub-invest:20200919131559p:plain

 

 

 

私が株を購入し始めた2019/10頃は一時1,020を付けたので、それをよりは見劣りしますが、コロナで約650まで落ち込んだことを考えると900までの上昇はほっと一息といったところでしょうか。

 

 

 

 

ベトナム株を購入して思うことは、とても安心感があるという点です。

1、配当が安定している

コロナで企業の状態が苦しいと思いきや、結構頑張っているんです。利益を四半期ごとに回復させたり、人員削減などを行って経費を減らしたり。。。

そんな努力の結果なのか、配当がちゃんと出ています。

昨年度より減らしてくるのかな〜。と思いきや同等の配当を行ってくれています。このあたりが、安心して投資できるポイントですね。

 

 

2、値動きがゆっくり かつ 上昇傾向

先ほど言ったように、アメリカのような急上昇はありません。

個別株を見ても、ジェットコースターのように上げはしません。

でも、長い時間をかけて、じわじわと上昇してくるのです。これは、毎日安心して眺められ、心の安定にもつながります。

 

 

配当と、緩やかな値上がりが非常に魅力的なベトナム株だと思っています。

 

 

 

 

中には、コロナ以前の52週最高値を更新する銘柄も!!

例えば、

[GDT]ドックダイン木材は2020/09/18に、1株34,900VNDの最高値を更新しました。

 

BMP]ビンミンプラスチックは2020/09/21に、1株62,900VNDの最高値を更新しました。

 

[BCE]ビンズオン交通は2020/09/01に、1株9,490VNDの最高値を更新しました。

 

もちろん、これらは一例ですが、コロナだけでなく、それ以前の状態から回復しているのが素晴らしいんです!!

 

 

ベトナム株を始めてもうすぐ1年が経ちます。

株価はどうにもなりませんが、配当があるというのは、本当に良いものです。

みなさんも、ぜひベトナム株に興味をもたれるといいですよ。

 

では、また。

 

 

ラオスJDB銀行で口座開設 定期預金で安全投資

f:id:Potoclub-invest:20200913112154j:plain

ラオスで口座開設 JDB

みなさんこんにちは。投資部会長のロキです。

今回は、投資を安全に行いたい!そんなみなさんへのご提案です。


投資先は、ずばり「ラオスのJDB銀行」です。前半はJDB銀行の紹介後半は安全投資方法です。

 

 

 

1.ラオスJDB銀行ってどんな銀行

2.現地で口座開設

3.郵送で口座開設

4.安全投資法

5.終わりに

 

 

 

1.ラオスJDB銀行ってどんな銀行

f:id:Potoclub-invest:20200913112010p:plain

JDB銀行(Joint Development Bank)は、ラオス民間最大手の銀行です。

この銀行は、近年急成長をしており、2012年〜19年の成長率が574%。つまり、銀行の規模が、7倍近く大きくなっているわけです。また、ラオス唯一のオンラインバンキング対応です。

 

この銀行の魅力は大きく3つあります。

ラオス最大手であり、安心感があるという点

米ドルによる定期預金があり、その利率が高い点今回のミソ!!!!年間●%台も!!!

③CRS非加盟国である点

(CRSは簡単にいうと、金融講座の情報を自動的に日本に伝えちゃう機能のこと。つまり、これに非加盟なので、日本に金融情報がバレないということです。)

 

これに目をつけたLexxPayが手を結びました。(LexxPayについては3章で紹介します。)

 

 

 

 

2.現地で口座開設

そんなJDB銀行の口座開設を現地でしようと思うと、手順は次の通りになります。

ラオス渡航

②窓口で申し込み

③書類の記入

④行員に次の3つのうち1つを提示(ビジネスビザ付きのパスポート、ワークパーミット、ステイパーミット)

⑤キャッシュカードの申し込み(10日前後で到着するが、それまで滞在する必要あり)

 

以上。

ここで必要なものは、預け入れるお金ラオス国内の電話番号証明書(上記の3つのうちどれか)、渡航費用10日間前後の滞在費

 

いかがでしょう。

ハードルが高いですよね。一番のハードルは提出書類の入手ができない点でしょう。働いているor住んでないといけないわけですから。。。

 

ちなみに、渡航費用も探ってみました。

f:id:Potoclub-invest:20200913112904j:plain

ラオス銀行口座開設 渡航費用

乗り継ぎ便で7万円ほど。高いですね。

そうなると、ラオス現地で口座開設というのは、ほとんどの人ができないということになります。

 

え〜じゃあ、金利が高くったって、無意味じゃん!

 

と、思ったあなた!

 

実は、日本から開設する手立てがあるのです。

 

 

 

 

 

3.郵送で口座開設

ラオスJDB銀行はLexxPayというウォレットサービスと提携しており、LexxPayに申し込むと、なんと、自動的にJDB銀行の口座が開設できるのです。

 

LexxPayに申し込みをします

手数料の500USDと初期貯金額としての300USD、合わせて800USDをビットコインで送金します。

すると、口座が開設できます。

 

非常に簡単にご紹介しましたが、検索するととても丁寧なサイトがありますので、開設方法はそちらをご覧ください。

 

 

とにかく、ラオスまでの飛行機代よりも安い値段で口座が開設できるんです!!!

しかも、必要な書類はパスポートか運転免許証という難易度の低さ!!!

 

 

手数料は500USDと割高ですが、預け入れる金額を多くすれば、その分割合は下がりますし、初回一回なので、問題ないでしょう。現地に行ったと思えば安いです。

年会費はVISAカードを作るにあたって、初年度無料で、次年度から年間100USDかかります。

 

これも、預け入れが、10000USD(100万円)だと、1%と意外と高いですが、50000USD(500万円)なら0.2%ですから安いものです!

 

また、VISAカードですので、世界中で使えますから、利便性を考えれば問題ないでしょう。

 

 

 

 

4.安全投資法

さて、こんなにも簡単に、安く海外に口座が持て、USDのよる資産形成ができるなんで驚きですよね!

 

では、金利がどのようになっているのか、いよいよご紹介します。

 

 

f:id:Potoclub-invest:20200915221320p:plain

ラオス JDB銀行 定期預金 利率

いかがでしょうか。私の初見の感想は。。。なんじゃこりゃ〜です。

この数値は2020/09/15に、JDB銀行よりメールにて確認した数値になります。

 

USDで!こんな利率で!しかも銀行の定期預金で!

 

投資できるなんで夢のようですよね。

 

 

例えばですが、100万円を5年定期で組んだ場合を考えてみましょう。

100万円×7.75%×5年分=387,500円

となります。破格!!!

 

しかし、これですと、5年間待つ必要があるので、同じ条件で毎月もらう場合を考えてみましょう。

100万円×7%÷12ヶ月=5,800

となります。いいお小遣いですよね!

しかも、5年後には、元金が返ってきますから!太陽光発電とはここが違います!

 

 

私は、300万円〜500万円を3年定期、毎年受け取りぐらいを考えています。利率の問題から、割高の毎年を取りつつ、流動性が落ちないように3年ぐらいで組みたいですね。

この場合、

500万円×6.75%=337,500円となります。

毎年、13回目の給料がもらえるような感じですね。

 

 

 

5.終わりに

いかがでしょうか。日本の定期預金、国債はもう投資とは言えないレベルです。また、アメリカの国債も昔は良かったですが、今の金利は寂しいものです。

そんな中、世界基軸通貨のUSDで、安全に、高利率で資産運用できるのは大きいのではないでしょうか。

しかも、そこに至るまでのプロセスも簡単なんです。

 

ここまで条件が整っているのに、投資!いや貯金しないのは、本当にもったいないと思います。

 

そう思い、今回ご提案という形で記事を書きました。私も今年度中か、来年度初めぐらいには開設予定です。(実は今は、現金がない。。。。) 

その時は、どうだったかの報告もしようと思います。

みなさんもご検討ください。

 

 

では、また。